童顔は風俗行くとモテる

遊びでも燃えるのが性感マッサージ

性感マッサージというか、風俗というジャンルそのものが娯楽じゃないですか。エンターテイメントというと大袈裟かもしれないですけど、女の子が男を楽しませようと頑張ってくれるものだと思うんです。でも、遊びとは言えやっぱりこっちは楽しみたい気持ちもありますし、そもそもお客としてお金を払っている以上、楽しませてもらいたいという期待に応えてもらいたいものですけど、性感マッサージであればその期待を裏切られることはないかなって思っています。性感マッサージで遊んでいるととにかく思うのが、他の風俗よりもやっぱり性感マッサージが自分に一番マッチしているなって。そんな気持ちにさせられるんですよね。だからこそ、じゃあ性感マッサージでって気持ちになるんです。その方が自分だって損をしないというか、求めている期待はちゃんと応えてもらえるなって安心感もあります。それに自分がマゾなんでしょうね(笑)だから理屈抜きに性感マッサージが好きなんです。

やはり綺麗な子の方が…ですね

やっぱり綺麗な女の子の方が自分の気持ちに正直になって楽しめるんじゃないのかなって思えるんです。日常生活の中では女の子のビジュアルをあれこれ言うのは今の時代はセクハラになってしまうかもしれないので控えるよう心掛けていますけど、でも風俗では自分がお客として選べる側じゃないですか。その時にはやっぱり美人を選ぶのは罪ではないんじゃないのかなって思うんですよね(笑)それに、美人を選んでおいた方が結局は自分の中でですけど、テンションが高くなるのは間違いないんですよ。どのようなシチュエーションであれ、それは変わらないんじゃないかなとも思うんです。風俗には本当にいろんなジャンルがあります。それだけに、自分でももっともっといろんなことを楽しみたいなって気持ちがあるのは間違いないんですけど、その時に自分なりにどうしようかなって思った時に考えるのが「やっぱり綺麗な子の方が無難だな」という、ある意味男の本能そのものなんですよね。