童顔は風俗行くとモテる

妥協したくない気持ちで真剣勝負

妥協するくらいであれば遊ばなければよい。そう思っていますので、風俗で遊ぶからには妥協をすることなく自分の納得出来る女の子と遊びたいなって気持ちは持っています。変に妥協するくらいであればその日は回避しますね。遊ぶからには全力。そして真剣勝負。相手の風俗嬢との時間をより濃密なものにしたいとの思いから、変に妥協しては意味ないよなって思っているんですよ。ストイックな言葉ですけど風俗ではそれが可能じゃないですか(笑)お店のホームページで女の子の情報をちゃんとチェックしておくだけでもやっぱり違うんですよ。フリーだったり、あるいはちらっとパネルを見て決めるよりはちゃんと「予習」をしておいた方がやっぱり違いますよね。その気持ちが自分に様々なものをもたらしてくれると思いますので、風俗嬢とはいつも「サービスをしてくれる人」ではなく、一人の人間として何よりも真剣に向き合う。そう思って常に自分でも全力で楽しませてもらっています。

風俗のためというのはある

大げさじゃなく、自分がこれだけ頑張れているのは風俗のおかげでもあるんじゃないのかなって思っています。風俗で遊んでいると自分でも気持ちが盛り上がるというのもありますし、そもそも風俗で遊ぶのもお金が必要じゃないですか(笑)だからこそ、風俗で遊ぶために必要なお金を稼ぐ場所。それが自分にとっての仕事なんです。仕事を辞めずに頑張れているのも結局風俗だと思うんです。辞めたいって思うことは多々あります。上司に辞表をたたきつけてやろうかなって思ったことも一度や二度ではありません。ストレス解消にって思って上司を一発くらい殴ろうかなって思ったこともありますけどすべて我慢してきたのもすべて「辞めたら風俗で遊べなくなる」という気持ちそのものなんじゃないのかなって思っています。それくらい自分にとっては風俗の存在というのはとてつもなく大きなものだってことですよね。ここまで我慢できるものは風俗以外にはさすがに見当たらないですし。