童顔は風俗行くとモテる

そこにあったのは満足だけじゃない

性欲的な意味での満足だけではなく、風俗にはいろいろなものが待っていました。それらを楽しんだことによって、自分でも風俗の良さと言うものをより実感することが出来たんじゃないかなと。それは精神的なものなんですけど、プライドでしょうかね。プライドなのかまだ自分でも断定することは出来ないんですけど、風俗で遊んでみて性的な満足感だけじゃなく、他にもいろいろな気持ちになれたんですよね。この気持ちって、何気にかなり重要といおうか日常生活を普通に暮らしているだけでは得られないものなんじゃないのかなって思ったんですよ。それだけに、風俗ってそこまでシンプルなものではなく、男にとってはかなり奥深い世界が待っているものなんじゃないのかなって思いましたね。だから今後ももっともっと風俗で遊んで、その気持ちの「正体」は何かを追求すると共に、自分でもいろいろなことにチャレンジしてまだまだ新しい気持ちがあるんじゃないか…を確認したいですね。

年齢によって味も出るんだなと

若い風俗嬢が大好きと言うか、それ以外眼中にありませんでした。だって風俗なんです。こっちが相手を選ぶ側なんです。それならやっぱり若くて可愛い風俗嬢を選びたいものじゃないですか。だから人妻と言うジャンルには全然興味がありませんでしたけど、そんな自分がこの前人妻風俗嬢と楽しんだんです。厳密に言えば、ポータルサイトとホームページで風俗状探しをしている時に美人だなって思ったのが彼女で、人妻だとは思わなかったんですよ。つまりは、それくらい美人ってことです。人妻と思えない程の美人だったからこそ彼女ならいいかなってことで指名させてもらったんですけど、やっぱり人妻らしさは感じました。でも、それが武器でもあるんだなって。彼女はこちらのために頑張ってくれましたし、包容力もありました。テクニックも的確だし、年齢によって味が出るものなんだなってことも実感したので、人妻もまた、悪くはないなって思った一日になりました。